対談・インタビュー|おおつ歯科クリニック|踊場駅から徒歩2分 駐車場完備

駐車場

045-801-8007

診療時間
09:00~19:00
休診日
水・日・祝
キービジュアル
  • 院長 大津晃
  • 歯科技工士 三村智和

ドクターメッセージ

院長 大津晃

歯科医師になられたきっかけは?

院長 大津晃

小さな時から定期的に歯医者に通っていたので、歯科医師が黙々と作業を行い、私の前では笑顔で接してくれる姿は、子どもの私にとって、とても格好よく見えました。
私もいつか、こんな風になってみたいなと思ったのがきっかけでしたね。手先を使ったり、細かいことをするのが好きだったので、尚更、自分には歯科医師が合っているなと思いました。
私にとって、こんな楽しい仕事は他にありません。

先生の得意分野について教えてください。

院長 大津晃

私の得意分野は、入れ歯治療と口腔外科です。

入れ歯に関しては、高齢化社会を見据え、大学時代と勤務医時代に入れ歯に定評のある先生のもと、学ばせて頂きました。入れ歯は、歯科医療の中でも最も繊細、かつ、歯科医師の腕が求められるものなので、開業する前に何としてもそのノウハウを会得したいと考えていました。当院には高齢者の方もよく来院されますが、やはり入れ歯に関するご相談が非常に多いです。私たちが手を加えることで、ぴったりの入れ歯を装着して喜んで頂ける姿を見ることは、私たちにとって何よりの喜びです。

また、口腔外科に関しては、勤務医時代に多くの研鑽を積みました。口腔外科は、全身的なこと、骨・血管など解剖学、麻酔学などその内容も多岐に渡ります。残念ながら、口腔外科について、しっかり理解している歯科医師はそれほど多くはありません。歯科医療は軽度なものを除き、外科処置が必要な場面が多々あります。その際に、口腔外科の知識や経験の有無は、大きな違いとなりますし、緊急時の対応の差も歴然です。

インプラントなど万が一の事態が想定される治療を提供しているのであれば、尚更、口腔外科の知識は必要だと思いますし、それをしっかり理解した上で、歯科医療を提供することが、患者様への最低限の礼儀と考えます。

診療スタイルについて教えてください。

院長 大津晃

どんなときも、患者様の納得を第一に考える

当院では、患者様への説明を何よりも大切にしています。患者様が少しでも、疑問点や不明点などあれば、時間をかけて何度でもご説明する。

当院では、このスタイルを徹底しています。

歯科医療に正解はありません。敢えて言うなら、患者様自身が幸せと感じるのであれば、それが「正解」なのです。ですから、当院では、我々の意見を押し付けるのではなく、患者様の想いをお聞きした上で、複数の治療法をご提案しております。もちろん、各々のメリット・デメリットについても、しっかりご説明します。患者様に納得感をもって、治療を進めていくことは、結果的に歯を大切にすることにも繋がります。

院長 大津晃

歯科医師の言うままに、治療を実施しても、それは歯科医師のエゴでしかありません。医療の本質は、今も昔も「患者様の声を聴くこと」なのです。患者様によって、お口の状態は千差万別。

画一的な治療では、患者様の幸せを実現することはできません。

我々は、患者様に「本当の歯科医療」を知って頂きたいと思っています。歯のお悩みやご不安のある方は、ぜひ一度当院にご相談ください。最良の方法について、じっくりお話しましょう。

歯科技工士メッセージ

歯科技工士 三村智和

歯科技工士になられたきっかけは?

歯科技工士の道へ進んだきっかけは、学生時代の先輩からの紹介でした。

歯科技工士 三村智和

まだ将来について決め兼ねていた私に、先輩が「お前には歯科技工士が向いてると思うよ」とアドバイスしてくれて、善は急げと歯科技工所へ見学に行ったんです。

私は、それまで歯医者のお世話になったことがなかったので、歯科技工士が一体何をしているのか想像すらできませんでした。しかし、実際に技工所を見学してその凄さに圧倒されました。一流の歯科技工士が小さな一本の技工物(かぶせ物や詰め物)に全神経を注いで、本物の歯と見分けがつかないレベルの技工物を製作しているんです。まさに職人という感じでした。

私はそのとき決意しました。自分も歯科技工士として、挑戦してみたいと。
それから、私の歯科技工士への道は始まりました。

先生の印象は?

歯科技工士 三村智和

常に誠実で、相手とのコミュニケーションを何よりも大切にしている

大津先生には、この言葉がぴったりですね。

大津先生とは、毎日のようにお会いしていますが、いつも患者様に対しての説明が丁寧なのが印象的です。他の歯科医院を悪くいうつもりはありませんが、ここまで丁寧に説明するドクターはそうはいません。

これは良い技工物を製作する上で、非常に重要な要素だと考えています。
私たちはドクターの指示に従い被せ物や入れ歯を制作するのですが、その指示に患者様の意向が反映されていなければ、患者様に満足して頂ける仕事は決してできないためです。

大津先生はその点、非常に安心です。
表面的な希望だけでなく、患者様が「本当に望んでいること」までもしっかり聞き出し指示を出して頂けるためです。

おおつ歯科にまだ来られた事がない方は、一度大津先生とお会いして頂くと良いでしょう。私の言っている意味がお分かりになると思います。

歯科技工士としてのこだわりは?

歯科技工士 三村智和

2つあります。

一つ目は「クオリティの高い技工物を製作して、治療時間を短縮すること

私は歯科医療も一つのサービス業と考えていますので、可能な限り患者様にはストレスを感じることなく、治療を受けて頂きたいと考えています。

ストレスを感じさせないための大前提は、「クオリティの高い技工物を製作する」ことです。

クオリティが低ければ、お口に合わないだけでなく、また作り直す必要があり、それに比例して来院回数も増えます。

おおつ歯科では、クオリティの高い技工物を製作するため、ケースによっては、歯科技工士の「立ち会い」を実施しております。

「立ち会い」とは、歯科技工士が直接医院にお伺いし、患者様の希望・理想をお伺いすることを言います。これをすることで、ドクターからの指示だけでなく、自分の目でお口の状態を確認できますのでクオリティの高い技工物を製作することができます。

歯科技工士の立ち会いを実施している歯科医院はそれほど多くはありません。興味のある方は、ぜひご相談くさい。

歯科技工士 三村智和

二つ目は「技工物の素材は、安全性の高い国産にこだわっていること

被せ物や入れ歯等の技工物は様々な素材で構成されているのですが、近年、多くの外国産の素材が市場に出回るようになりました。国産に比べ、安価なため、収益性の観点から外国産を導入する歯科医院も増加の一途を辿っています。しかし、安全性に関しては、まだ不明な部分も多く、私の技工所では、一切使用しておりません。

患者様の目に見えない部分なので、何の説明もなく使用している歯科医院もあるようですが、それは患者様への裏切り行為以外の何物でもありません。

患者様から信頼して頂いた以上、我々にはそれに応える義務があります。
そのためには、患者様の目に見えない部分も、決して妥協しない

これは私のこだわりであり、おおつ歯科のこだわりでもあります。

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。
当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

このページの先頭に戻る