審美歯科・差し歯治療|前歯の治療|おおつ歯科クリニック|横浜市泉区踊場駅近くの歯医者|口コミ・評判

駐車場

045-801-8007

診療時間
09:00~19:00
休診日
水・日・祝
キービジュアル

歯を「白く綺麗にする」のはどの歯科医院でもできます。
しかし、「天然歯」といかに見分けがつかない歯を作れるか。
これは、どの医院でもできるわけではありません。

当院で審美歯科治療をされた患者様からメッセージを頂きました

おおつ歯科クリニックが考える「口元の美への方程式」

審美歯科治療とは、皆様がご存知の通り、白い詰め物や、かぶせ物を利用して美しい歯を手に入れる治療です。しかし、我々、専門家の視点での審美歯科治療は下記のようなものとなります。

歯本来の機能を回復させ、極限まで天然歯に近づける事

患者様にとっては「白さ」だけが達成されれば他はどうでもいいと思われている方もいらっしゃると思います。もちろんそれも間違いではありません。好みがありますので。
しかし、白さにも「バランス」が重要です。

例えば、下の画像をご覧ください。あなたが求める歯はどちらですか?

左 右

「左」の画像を選択された方。
もしこの歯をお口に入れた場合、次のような口元になります。

「右」の画像を選択された方。
この歯をお口に入れた場合、次のような口元になります。

他の人から見た場合、どちらの方が美しく見えると思いますか?
人それぞれ「感性」が異なりますので一概には言えませんが、多くの方が「右」の画像を選択すると思います。なぜでしょうか?

これは口元全体の色の「バランス」が関係しています。
もっと具体的にお伝えしますと、「いかに自然な口元であるかどうか」です。

審美歯科治療では、「色」「形」をコントロールできます。

院長

しかし、皆さんに1つ理解して頂きたいことがあります。
それは、口元の美しさは「歯」だけでは達成できないという事を。

歯は美を作り出す1つのパーツにすぎません。
その他にも、肌の色、性別、年齢、顔貌、唇、歯茎なども関係し、これら全てが合わさることで初めて「あなたらしい」自然な美しさが生まれます。

つまり、歯以外の美の要素をまずは把握し、それに調和する歯はどのような色なのか、どのような形なのかを考えていくことが重要になるのです。

そのため、真っ白な歯よりも、少し黄ばみを入れた方が自然な美しさに仕上がることもありますし、1本だけの治療の場合、他の歯との色合いや形のバランスを取った方がいいこともあります。

最終的には患者様の理想をお聞きしながら一緒に叶えていきます。
患者様が思っていた理想が本当の意味での“理想“とは限りません。ここでお話しした「あなたらしい自然な美しさ(自然美)」というものが存在していることをご理解頂けたらと思っております。

また、審美歯科治療では「歯本来の機能を回復させる」ことも1つの目的となります。
つまり、「しっかり噛む」という機能性ですね。これを怠ってしまうと、場合によっては食べ物をしっかり咬むことができなくなってしまうこともあります。

審美歯科治療の大前提として、歯本来の「機能性」を回復・維持することに主眼を置き、その上でバランスのとれた「審美性」を追求することが大切です。

当院では、経験豊富なドクターと歯科技工士が連携して審美歯科治療を行っておりますので、「口元の美」に関するどんな小さなお悩みでも遠慮なくご相談ください。じっくり時間をかけてお話させて頂きます。

次節から、当院が実施している「美の方程式」をこれからご紹介致します。

方程式1仮歯による納得頂くまでのシミュレーション

カウンセリングや模型、レントゲンなどから読み取った情報をもとに精密に作成した「仮の歯」を患者様のお口の中に装着します。この仮歯は、歯が無い期間をなくすためだけに装着するものではありません。

「審美性に問題はないか」「咬み合わせは適切か」「しっかり咬むことができるのか」「長期間機能するものであるのか」などを検証し、不具合がある場合は随時改善し、ドクター、そして患者様が納得されるまでこの工程を繰り返します

この工程を「プロビジョナルレストレーション」といいます。

プロビジョナルレストレーション

これらの工程を踏むことで、患者様に一番適した仮歯が出来上がります。
あとは、その仮歯を忠実に模写した最終のかぶせ物を作ることで完成となります。

方程式2精密な治療~「高倍率歯科用ルーペ」を活用

ルーペ2

「高倍率歯科用ルーペ」とは、視野を数倍に拡大できる装置です。審美歯科治療では、肉眼では見えない領域に如何にこだわるかで、「歯の美しさ」「耐用年数(どれだけ長持ちするか)」を左右します。

下の画像は「肉眼の視野」と「ルーペの視野」の比較になります。
どちらの方が精度の高い治療ができるかは一目瞭然ですね。

肉眼で見た場合
肉眼で見た場合
ルーペで見た場合
ルーペで見た場合

当院では、拡大鏡を用いた精密審美歯科治療を提供しております。これまでに、「せっかく自費の詰め物・かぶせ物を入れたのにすぐにダメになった」という方がいらっしゃいましたら、当院でご相談ください。

方程式3卓越した技術を持った「審美歯科の匠」

技工士1

皆様はあまりご存じないかもしれませんが、つめ物・かぶせ物は歯科技工所という別のところで作成します。

技工士2

1から100まですべて歯科医師が作るわけではありません。
つまり、いくら歯科医師の能力が高くとも、連携している歯科技工所の能力が高くなければ決してよい技工物(つめ物・かぶせ物)は作れないということです。

したがって、どの技工所と連携しているかでつめ物・かぶせ物の良し悪しが変わってきます。当院では、ミム・デンタル・ラボという歯科技工所さんと連携し、つめ物・かぶせ物を作成しています。今回、代表の歯科技工士さんにお話を伺ってきましたので、詳しくは対談をご参照ください。

通常、歯科技工士さんとは、患者様のお口の画像や模型などを通して作業を行います。
しかし、当院ではドクターの判断、また、患者様のご要望に応じて、歯科技工士さんに直接医院に来て頂き、患者様とのカウンセリングやお口の状態の確認等を行っています。この取り組みも当院ならではの特徴です。

2ショット

方程式4お口全体を俯瞰し、最高の美を創造する「総合治療」

総合治療

総合治療とは、お口全体の美しさ、健康、バランス、機能性を考慮した治療のことです。
例えば、右の画像の患者様から「前歯2本を審美歯科治療で白く、美しくしたい」というご要望があったとします。当院では、その2本の歯にセラミックのかぶせ物をして治療終了とはいたしません。なぜならば口元の美は一部の美しさだけではなく、全体のバランスを考えて初めて達成されるためです。例えば、いくら白い歯を手に入れたい方だといって、前歯2本だけ真っ白な歯にした場合どうなるでしょうか?その2本だけ色が浮いてしまい、全体美とは程遠い結果となります。

また、お口の状態によっては、そして患者様が望まれる場合、審美歯科治療ではなく、部分矯正治療が適していることもありますし歯茎再生治療インプラント治療も必要なこともあります。

患者様のご要望をよく伺い、全体美を考慮した治療法をご提案させて頂きます。

あなたに適した審美歯科治療は・・・?

審美歯科治療は、歯の「色」だけでなく、「形」「歯並び」の改善も可能です。
以下、当院で治療した症例をご紹介いたしますので、治療後のイメージの参考にしていただけたらと思います。

お悩み銀歯の色が気になる

このようなご要望にはセラミック素材の「詰め物(インレー)」「かぶせ物(クラウン)」をお勧めします。下記の画像は銀歯の詰め物(インレー)をセラミック素材の詰め物(インレー)に差し替えた症例です。

治療前 治療後

下記の画像は銀歯のかぶせ物(クラウン)をセラミック素材のかぶせ物(クラウン)に差し替えた症例です。

治療前 治療後

一口にセラミックと言いましても複数の種類があります。
詳しくは料金表に記載していますのでそちらをご参照ください。

お悩み歯の隙間が気になる

歯の隙間を改善する方法として「矯正歯科治療」をイメージされる方も多いかと思いますが、審美歯科治療でも対応が可能です。オールセラミック法(セラミックのかぶせ物)を利用します。下記の画像はセラミッククラウン法(セラミックのかぶせ物)で「歯の白さ」と「歯の隙間」を改善した症例です。

治療前 治療後

お悩み歯の形が気になる

審美歯科治療では「歯の形」も変化させることができます。
オールセラミッククラウン法(セラミックのかぶせ物)を利用します。
下記の画像はオールセラミッククラウン法(セラミックのかぶせ物)で「歯の白さ」と「歯の形」を改善させた症例です。

治療前 治療後

お悩み天然歯の色が気になる

タバコ、コーヒー、お茶、ワイン、カレーなど飲食物には着色しやすいものがあります。審美歯科治療でも対応可能ですが、より手軽により安くできるものに「ホワイトニング(薬剤を使った治療)」がありますのでそちらをご紹介します。

ホワイトニングの症例

治療前 治療後

治療前 治療後

ホワイトニングに関しての詳細はホワイトニングをご参照ください。

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。
当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

このページの先頭に戻る