「無痛・吸着」入れ歯|おおつ歯科クリニック|横浜市泉区踊場駅近くの歯医者|口コミ・評判

駐車場

045-801-8007

診療時間
09:00~19:00
休診日
水・日・祝
キービジュアル

入れ歯は、2つとして同じものは存在しません。
毎回毎回、真剣勝負です。
そのため、根気強く丁寧な作業が求められます。
しかし、それこそが最高の入れ歯を作る唯一の手法です。

院長からの入れ歯作りに対するメッセージ

噛み合わせ確認

当院に来院される患者様の多くは、「他院で保険外の入れ歯を作りましたが、痛いし、噛めないし、はずれてしまうので困っています。」と切実に話されます。

その方のお口の中を診察すると、金属や金属床など高価な材質を使っていますが、噛み合わせや、あごのバランスが全く配慮されていない入れ歯が多く見受けられます。

入れ歯は丁寧に時間を掛ければ、必ずよい物が出来上がります。
「入れ歯はあわないものだ」と諦めないで下さい。

院長

私は入れ歯治療で困られている方の喜ぶ笑顔を見たい一心で入れ歯を作っています。

良い入れ歯をつくるためには、何よりも私たちの技術、そして入れ歯作りへの想いが大切になりますが、同時に患者様のご協力も必要になります。
なぜならば、良い入れ歯を作るためには、多くの工程があり、どうしても様々な診査・診断・型取り・噛み合わせ採取などが必要になるためです。

しかし、この部分にご協力いただけるのであれば、私たちはココロを込めて、患者様に満足して頂ける最高の入れ歯を創造できることをここで宣言いたします。

おおつ歯科クリニックの入れ歯が、患者様に支持される3つの「理由」

今までしっかり噛むことができなかった入れ歯に私達の手が加わる事で、「噛める入れ歯」に生まれ変わる。そして患者様の生活が豊かになる。
特に高齢者は「食事」に大きな楽しみを持っていますので、その楽しみのレベルを上げる「入れ歯」製作は非常にやりがいを感じます。

「自分がされて嬉しい治療」、「家族にしてあげたい治療」。
この想いで日々診療にあたっています。

さて、当院の入れ歯が患者様から評価される理由を、患者様から頂いた声を参考にご紹介いたします。

選ばれる理由1. 「無痛・吸着」入れ歯を作成します

当院が取り組んでいる「無痛・超吸着」入れ歯のご説明をする前に、一般的な入れ歯についてお話させて頂きます。

金属床

一般的に歯科医院で勧められる良い入れ歯とは、そのほとんどが金属床(きんぞくしょう)と言って入れ歯の一部分が金属のプレートになっているものです。

その金属床のメリットとしてよく言われるのが「強度が高い」「薄く作れるので違和感がない」などです。確かにこれは事実です。

しかし、このようなメリットがあるからと言って、ただそれだけで快適な入れ歯を作れるわけではありません。

入れ歯を快適に利用するために一番大切なことは「歯肉にぴったりフィットしてどのような時も動かず安定している事」です。

これを達成させるためには、単に上下の歯型をとって入れ歯を作成するのでは足りません。
なぜなら、その状態で作られた入れ歯は、「何もしていない状態」に合わせた入れ歯のためです。もっと言ってしまうと「お話をしている状態」「食事をしている状態」の顎の動き・筋肉の動きを反映させていない入れ歯ですので、どうしても問題が生じます。

これがしっかり調整されていないと、どんなに高価な金属を使った入れ歯であっても「痛い・噛めない・外れる」入れ歯が出来上がってしまいます。

この事実は、入れ歯を作っている歯科医師の方でも理解していない方が多くいらっしゃいます。専門家である歯科医師も理解していないのであれば、入れ歯の専門家ではない患者様も当然知る由もありません。

このようにして作成された入れ歯は歯茎に吸着しますので、食事をするときも外れることはありません。そして歯茎にしっかりフィットしているという事は痛みも生じることもありません

当院が入れ歯作成で取り組んでいる、無痛・超吸着入れ歯は、この「普段の生活で生じるお口の様々な動きをミクロン単位で調整し、歯茎にしっかりと吸着する」総入れ歯を作成するためのシステムです。以下、具体的にご説明します。

技工士との話し合い

ここまでご説明すると、「どのようにして普段の生活のお口の動きを、入れ歯に再現するの?」と疑問に思われると思います。

従来法の入れ歯では、すぐに型をとって入れ歯を作成しますが、無痛・超吸着入れ歯では、まずは本番用の入れ歯を作成する前に「リハビリテーション用の入れ歯」を作成し、それを普段の生活で装着していただくことで、「会話している状態のお口の動き」や「食事中のお口の動き」をその入れ歯に記録していきます。その情報を元に、問題箇所を随時改善していきます。

「入れ歯を装着するだけでそのような記録を採れるの?」と疑問に思われるかもしれませんが、この入れ歯は特殊な構造をしており、お口の様々な動きを記録することができるのです(後述します)。

この改善を複数回行うことで、お口にあった入れ歯の構造が判明します。
その構造を本番用の入れ歯に反映させることであなたになった入れ歯が完成します。

つまり、リハビリテーション用の入れ歯で本来あるべきお口の状態に改善したあとに初めて本番用の入れ歯を作成していきますので、当然、非常に安定した入れ歯が出来上がるのです。逆を言ってしまいますと、一般的な入れ歯はこのような工程を踏んでいませんので、お口に合う入れ歯ができるはずがないのです。

具体的に治療工程をお話しします。

下記の画像はリハビリテーション用の入れ歯です。

治療用義歯

これをまずは作成し、お口に一定期間装着し日々の生活を送って頂きます。
このリハビリ用義歯には特殊な加工がされています。下記の赤枠部分です。

治療用義歯

調整

食事などにより「噛む」動作をすると、この特殊加工部分がどんどん削られていき、その時点での咬み合わせ位置が判明します。その時点での咬み合わせが判明すると、その咬み合わせに合わせるように入れ歯自体に調整を入れていきます。これを何度か繰り返すことで、最終的にはその方にあった咬み合わせ位置が判明し、そして、その咬み合わせに合った入れ歯はどのような形態なのかも同時に判明します。

治療用義歯

この段階で全ての情報は治療用義歯に反映されていますので、患者様の中には「この治療用義歯で十分です」とおっしゃってくれる方もいます(笑)。

後は、この治療用義歯と寸分たがわぬ本番用の精密総入れ歯を作成し完成となります。

選ばれる理由2. 「多種類」の入れ歯をご用意

「見た目が気になる」「痛いのが我慢できない」「はずれてしまう」・・・・・など、患者様によって入れ歯の悩みは様々です。
その悩みを患者様が満足されるレベルで解消させるためには、昔から存在している入れ歯だけでは不十分です。このようなことから、当院では一般的な保険の入れ歯(義歯)以外にも、効果が実証されている様々な最新の入れ歯をご用意しています。

20代~30代の方も愛用の「審美」入れ歯

治療用義歯
  • 自分の歯のように咬める入れ歯コーヌス
  • 歴史と安定性がある入れ歯チタン

20代~30代の方も愛用の「審美」入れ歯

ノンクラスプ

女性からよく聞かれる入れ歯の悩みとして「入れ歯の金属のバネが見えるのが嫌だ」というのがあります。笑ったときに、金属のバネが見えてしまうので、人前で笑えなくなったという方も多いのではないでしょうか。

当院が推奨する、右記の金属のバネがない入れ歯(義歯)、ノンクラスプデンチャーは、金属バネ部分を、歯ぐきに近い色の樹脂で作ることで目立たなくしています。

柔らかい樹脂で出来ており、お口にぴったりと装着できるため、従来のような金属による痛みが軽減されます。ぴったりと密着した入れ歯を望まれる方にもお勧めです。

治療前の虫歯 治療後の虫歯

まるで「自分の歯」のようにしっかり噛める入れ歯

従来までは健康な歯に入れ歯をひっかけるのが主流でした。そのような方法ですと「見た目」が悪いばかりか、入れ歯をひっかけた歯が最終的にはダメになってしまっていました。

しかし、現在では、特殊な装置を利用し、「見た目よし」「安定性よし」「健康な歯を傷めない」「まるで自分の歯のように噛める」入れ歯を作ることが可能になっています。
ここでは、茶筒の原理を利用した「コーヌステレスコープ」、インプラントの技術を活用した「インプラントオーバーデンチャー」、磁石を利用した「磁性アタッチメント義歯(マグネット義歯)」をご紹介します。

コーヌステレスコープ

コーヌステレスコープ

残っている歯に金属冠をかぶせ、その上から入れ歯を装着するというタイプです。
安定感に優れ、入れ歯の動きが極めて少ないのが特徴です。また、噛み合わせの力を分散させ、力が特定の部分に集中しない設計にしているため長持ちします。修理も可能です。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、2~4本のインプラントを埋入し、現在使用している入れ歯をしっかり安定させる治療法です。
患者様が自由に取り外しできるためメインテナンスが非常に簡易で、大きな外科手術を必要としないため全身的な負担も少ない治療法です。

磁性アタッチメント

磁性アタッチメント

入れ歯と、残っている歯のそれぞれに磁石を取り付けることによって、入れ歯の安定感や物を咬む力を高めるタイプです。
強力な磁石を使っているので、動かず、外れません。磁石で固定させているので、簡単に取り外しができます。また、磁力は半永久的に機能しますので、取り換えなどの必要はありません

「歴史」と「安定性」がある入れ歯

コバルトクロム、チタン、ゴールドなどの素材を使った入れ歯(金属床)です。

この入れ歯は、従来の入れ歯と比べて「薄い」「軽い」「壊れにくい」「飲食物の温かみ・冷たさを感じられる」素材です。従来の入れ歯との比較を下記に示します。

  1. 1. 軽い材料でつくる

    保険の材料で作る入れ歯は重いため、咬むという動作に負担を与えます。
    一方、金属床義歯で使用する材料には、保険の材料の約1/4の重さのものを使用します。

  2. 2. 薄い材料でつくる

    口の中は、髪の毛が1本入るだけで不快感があるほど敏感です。このため、金属床義歯で使用する材料の場合、保険のものに比べ約1/6の厚さの薄い材料を使用します。

    • 保険の入れ歯

      【保険の入れ歯】

    • 保険外の入れ歯

      【保険外の入れ歯】

  3. 3. 食べ物の温もりを感じられる材料でつくる

    温度が伝わる

    食べ物の温度を瞬時に伝えることが出来ます。

    食べ物の温もり

    保険の入れ歯を入れると、温かい・冷たいといった食べ物の温もりが感じられません。
    食べ物の温もりは味覚に大きな影響を与えます。
    このため、金属床義歯では温もりを感じられる材料を使用します。

  4. 4. 他の健康な歯に過度な負担を掛けない

    残存歯に優しい

    部分入れ歯でも残っている天然歯にあまり負担をかけません。

    残存歯に優しい

    保険の入れ歯は「たわみ」がありますので、咀嚼することで入れ歯がたわみ、入れ歯をひっかけている歯に過度な力が加わり、その歯を痛めます。しかし、金属床義歯は「たわみ」がほとんどありませんので、バネをひっかけている歯にも優しいです。

  5. 5. 自分のアゴの高さにあったミクロン単位での調整を行う

    お口に合う入れ歯を作るために一番重要なのは、手間をかけた調整です。
    金属床義歯の場合には、ミクロン単位に及ぶ緻密な調整を行うことで、自分にぴったりと合った入れ歯をつくることが可能です。

選ばれる理由3. 入れ歯作りのプロフェッショナル-歯科技工士

入れ歯は、詰め物やかぶせ物と同様、歯科医師と歯科技工士が連携して作製しています。つめ物やかぶせ物に比べ、お口の中に占める割合が大きい入れ歯は、歯科医療の中でも特に技術的難易度の高い治療です。

技工士

歯科医師の技量だけではなく、歯科技工士においても、非常に高い知識、技術、そして経験が求められます。
両者の技術が融合して、初めて「良い入れ歯」が完成します。

当院では、歯科業界でも定評のある「(株)ZOO LABO」という歯科技工所と連携し入れ歯を作っています。非常に緻密で計算された入れ歯作りを得意とされており、入れ歯が出来上がった後の調整が非常に少ないのが特徴です。
通常、入れ歯の完成後も何度も調整を行うのが一般的ですが、当院ではその調整がほとんどないくらい精度が高い入れ歯が出来上がります。

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。
当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

このページの先頭に戻る